忍者ブログ

Tokyojapan1192

 見ざる聞かざる言わざる  「See no evil, hear no evil, speak no evil.」  「不見、不聞、不言」

ブログ内検索
最新記事
カテゴリー
特選リンク
バーコード
忍者カウンター

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.08.24 (Thu)
Category[]

デイトレードに絶対必要なのは板情報・株価ボード・分足チャート

デイトレードを行う上で、絶対なくてはならないと考えられるのは、
「板情報、株価ボード、分足チャート」の3つです。

板情報とは、現在の売り注文と買い注文の値段と注文株数が見られるものです。

「板情報を制するものはデイトレードを制する!」と言われるほどです。

板情報の読み方がうまくなれば、デイトレで勝ち続けられるようになります。

株価ボードとは、ひとつの画面にいくつもの銘柄の株価状況が
一度に見られるように銘柄を登録したもののことです。

株価ボードを監視していれば、株価に動きが出た銘柄にすばやく
乗ることが出来ます。

分足チャートとは、株価の日中の動きをグラフに表したもの。

1分から5分足チャートなどがあります。

分足チャートを見れば、今までどうような動きをして現在値をつけているかが
一目でわかり、今後、どのように動くかの予想が立てやすい。




右側の板情報の見方

左側の上に並んでいるのが、それぞれの株価での売り注文の株数です。

右側の下に並んでいるのが、それぞれの株価での買い注文の株数です。

銘柄ごと、時間ごとに、このような板情報がすべての銘柄が公表されています。

刻々と変化する株価の状況に応じて何千銘柄もの株価情報がリアルタイムに
提供されていること自体、現在のIT技術の発達がなければ不可能だったと思います。

この板情報を見ると、売りは大体満遍なくあるのに対して、買いの板が
離れすぎています。

株価の動きが売り込まれた後のリバウンドで戻っただけ??
という印象を受けます。

大引けを迎えてしまっているので、実際には株価は動きませんが、
もし、この局面で仕掛けるならば348円での指値売りでしょうか?

345円、347円、348円の売り板が薄く、少しの買いが入れば
約定しそうですから。

売れたらすぐに5円ぐらい下に買い戻しの指値を入れます。

336円で買い指値をするという方法も考えられます。

しかし、売りのときほど買い指値が厚くないので
うまく反発するか少し疑問です?

このように板情報から株価の強弱感をつかみ株価変動の予想をします。

ここで注意しなければいけないのは、板情報は指値注文だけで、値段(株価)に関係なく
約定させる成り行き注文が含まれていないということです。

指値注文だけを見ていても、大きな成り行き注文が入れば、一辺に状況が
変わってしまいます。



左側の株価情報の見方

1885 (コード番号) 東亜建設(会社の名前)

現在値  現在の株価
前日比  前日の終値と比べてどれだけ上がったか?または下がったか?(%)
前日終値 前日の最終値段

歩み値  株価が直近につけた値段
       歩み値4→歩み値3→歩み値2→歩み値1→現在値 と変化してきた。
       342円 →344円 →345円 →341円 →345円 

出来高  売買が行われた株数 (単位 1000株)← 銘柄によって違う
売買代金 株価×出来高=売買代金
VWAP   取引が行われた株価を加重平均したもの
単位株数 取引できる最低単位の株数 (銘柄ごとに決まっています)
       この場合は、345円×1000株=34万5000円+売買手数料
       があれば、東亜建設の最小単位(1000株)を買うことができます。 

PR
2014.07.22 (Tue)
Category[投資]
Copyright © tokyojapan All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.